教育理念

教育理念

「徹底的に考え、自ら実行できる人間を育てる」

上記を教育理念に掲げ、算数を教えています。算数の問題を通して、徹底的に考える経験を繰り返し、思考力を鍛え上げます。算数は「思考力を鍛えるための道具」です。

算数は様々な思考・能力が鍛えられます

問題文の情報を各要素に分ける「問題を分解する能力」。要素と要素を組み合わせて、新しい要素を出し、答えまで導く「論理的思考力」「情報処理能力」。解法がパッと分からない場合に仮説を立て、実行・検証する「仮説思考」。また、問題を解く際、復習をする際にはその問題のポイントはどこなのかを明確にする「物事の抽象化」「本質を見極める能力」が求められます。これらの他にも、生きていくために必要な「数値感覚」も磨かれます。

では、なぜ思考力を鍛えるのか

それは実行力を上げ、この先どんな時代になっても生き抜いていけるようになるためです。

今の小学5,6年生が社会人になる2030年頃には、今ある仕事のどれが無くなっているかまたどんな仕事が新しく出来ているか色々な研究・予想はされていますが、そんなの正直どうなるか分からないわけです。(研究一例:Michael A.Osborne「雇用の未来」

ただ、2030年がどんな時代に、子どもたちがどんな職業になっていようとも「物事を深く考え、主体的に実行しつづける」という人間のコアスキルが重要なのは変わらないと思います。

先行きは不透明な時代ですが、1人でも多くの子どもたちが「算数を通して、思考力を鍛え、生き抜く力を身につける」ことができるよう指導しています。

第1志望校合格のその先へ

保護者の方々が私に期待する「第1志望校の合格」は、第1ミッションとして掲げ、達成できるよう最後まで本気で取り組みます

ただ、それはプロと名乗る以上、最低限のことです。

中学受験のみで人生は決まりませんが、中学受験で鍛え上げられた経験・考え、入学後の学び・友人・環境は、人生に大きな好影響を与えてくれます。

生徒の人生に関わる以上、単に偏差値を上げるだけ、志望に合格させるだけにとどまらず、長期的な成長につながるよう上記の理念を持ち、この仕事をしています。何度も何度も徹底的に考えてもらうと共に、答えまでの道のりを自分の言葉で説明してもらい、本質的な理解を深めます。

K
K
20歳、30歳と後になって人生を振り返った際に、あの時に鍛えてもらったのが今につながっているなぁ、中学受験してよかったなぁと思ってもらえるような指導を目指しています

教育理念というと、「んなまた大げさな」という人もいるかもしれませんが、そもそも「理念もないのに教育業に携わる、というのはあり得ない」と個人的には思います。

第1志望校合格のその先へ

関連ページ

合格実績
合格実績中学受験算数専門のプロ家庭教師Kです。過去指導の合格実績を載せています。【男子】 開成中学、麻布中学、 栄光学園、聖光学院、浅野中学、 慶應普通部、慶應中等部、早稲田中学、東邦大東邦、城北中学、逗子開成、世田谷学園、桐蔭学園、...【女子】 浦和明の星、横浜共立、開智、県立相模原......
算数教材サンスク
サンスクについて中学受験算数教材のサンスクです。得意分野をさらに強化し、苦手分野を補強する単元別教材です。イラストやカラーを駆使した見やすく分かりやすい手書き風解説などお子様ひとりで楽しく学習できます。第一志望校合格を目指す、すべての中学受験生へ。...