時事問題

消費税問題(桜蔭中学 2020年)

次の□にあてはまる数を答えなさい。

花子さんはお母さんと弟といっしょにお菓子を買いに行きました。花子さんと弟は同じお菓子をそれぞれ12個ずつ買うことにしました。花子さんはそのうちのいくつかを持ち帰り,残りをお店で食べることにしました。弟は花子さんがお店で食べる個数と同じ個数のお菓子を持ち帰り,残りをお店で食べることにしました。2人分のお菓子の代金をお母さんがまとめて支払うため税込みの金額を計算してもらうと,ぴったり1308円でした。このお菓子1個の税抜きの値段は□円です。ただし,消費税はお店で食べるお菓子には10%,持ち帰るお菓子には8%かかります。

桜蔭中学(2020年)

女子御三家の桜蔭中学より消費税を用いた割合と比の問題です。
過去問解説記事の使い方を読んだ上で、算数の志望校対策や、得点力アップ、弱点補強にご活用ください。

過去問解説記事の使い方中学受験算数教室サンスクでは、中学受験算数入試の過去問題の解説記事を定期的にアップしております。 本ページは過去問解説記事の効果的な使い方を記しております。第一志望校の合格を目指す受験生、得意分野をさらに伸ばしたい受験生、苦手分野を克服したい受験生等々本ページを読み、志望校合格にお役立てください。...

解説

情報を整理しよう

今回のように問題文から読み取れる情報が多い場合は、まず情報を整理しましょう。

・花子と弟は同じお菓子を12個ずつ買う
・花子は持ち帰り〇個、店内□個
・弟は持ち帰り□個、店内〇個
・2人の合計金額はぴったり1308円
・消費税は持ち帰り8%、店内10%

K
K
こんな所でしょうか。上記のようにすべて文章にして書き出している時間はありませんが、要点のみ書きとめる、あるいは問題文にチェックをつける、問題文を枠で囲むなど工夫して、情報を整理しましょう。

さて、今回は持ち帰りと店内の税込み金額が異なりますので、まずその金額を仮置きしてしまいましょう。お菓子1個の値段を1とすると、持ち帰りの税込み金額は1.08、店内で食べる場合の税込金額は1.1となります。

すると、
花子が使った金額は、
1.08×〇+1.1×□(円)
弟が使った金額は、
1.08×□+1.1×〇(円)となり、
2人を合計すると2.18×〇+2.18×□(円)で、これが1308円となります。

〇+□は12(個)ですので、2.18は1308円÷12=109(円)と分かります。
よって、お菓子1個の値段である1は109÷2.18=50(円)となります。

A.50(円)

■別解

花子が使った金額は、
1.08×〇+1.1×□(円)
弟が使った金額は、
1.08×□+1.1×〇(円)となった後の変形の仕方は色々ありますね。

〇+□は12(個)なので、
1.08×12+1.1×12=26.16
1308÷26.16=50(円)

あるいは、1個あたりの平均金額を出し、以下のように解くことも出来ます。
1.08×(〇+□)+1.1×(〇+□)
=1.09×(〇×2+□×2)
1308÷24=54.5
54.5÷1.09=50(円)

A.50(円)

Kとピヨまるの談話室

ピヨまる
ピヨまる
店内で食べるのと持ち帰りするのとで税率が違う、軽減税率制度のひとつですね。
K
K
そうだね。試験中に「軽減税率え、なにそれ美味しいの」と慌てないように、基本知識として押さえておこう。

こちらの記事もオススメ☆

・桜蔭中学の算数分析/過去問解説はコチラ
・過去問解説記事の一覧はコチラ
・算数の時事問題の過去問解説はコチラ

2021年度過去問管理表

オンラインショップにて2021年度受験用/過去問管理表発売中です