売買損益算

売買損益算(女子学院中学 2017年)

次の問いの□にあてはまるものを入れなさい。

あるスーパーで商品Aを500個仕入れ,25%の利益を見込んで定価をつけました。これを定価の12%引きで売ると,1個につき38円の利益があります。

(1)商品Aの仕入れ値は1個▢円です。

(2)商品Aを定価で▢個売った後,特売日に残りすべてを定価の12%引きで売ったら,500個すべての利益の合計が31084円になりました。

女子学院中学(2017年)

女子御三家の女子学院中学より売買損益算の問題です。過去問解説記事の使い方をご参照の上、ご活用ください。

過去問解説記事の使い方中学受験算数教室サンスクでは、中学受験算数入試の過去問題の解説記事を定期的にアップしております。 本ページは過去問解説記事の効果的な使い方を記しております。第一志望校の合格を目指す受験生、得意分野をさらに伸ばしたい受験生、苦手分野を克服したい受験生等々本ページを読み、志望校合格にお役立てください。...

解説

(1) 商品Aの仕入れ値は

商品Aの1個あたりの仕入れ値を①とします。
すると、売値は①×1.25×0.88で求められ、以下のように整理することが出来ます。

女子学院2017年売買損益1

1個あたりの利益は仕入れ値の0.1倍ですので、仕入れ値①は、38円÷0.1=380円となります。

A.380

(2) 商品Aを定価で何個売ったか

まずは、必要な情報を整理しましょう

定価で売る時の1個あたりの利益は、380円×0.25=95円
定価の12%引きで売る時の1個あたりの利益は、38円
これらを組み合わせて、合計500個売った時の利益が31084円となります。

整理すると、自ずと解き方も見えてきます。

ピヨまる
ピヨまる
つるかめちゃんですね

はい、今回は定価で何個売ったかが聞かれているので、定価の12%引きで式を作ります。

(31084-38×500)÷(95-38)=212

よって、商品Aは定価で212個売ったことが分かります。

A.212

Kとピヨまるの談話室

ピヨまる
ピヨまる
(2)のつるかめ算は利益に着目していますが、売上に着目してはいけないのでしょうか
K
K
してはいけないかと聞かれたら、別にしても良いよ。ただ、遠回りだよね。
今回は全体の利益が既に出ているし、1個あたりの利益もすぐ出せる。つまり、売上に着目するよりも、利益に着目して、つるかめ算をした方が答えに早くたどり着けるよ。
常に利益に着目せよと言っているわけではなく、ベストな方を選択せよ臨機応変に対応せよという事だね。

こちらの記事もオススメ☆

・女子学院の算数分析/過去問解説はコチラ
・過去問解説記事の一覧はコチラ
・売買損益の過去問解説はコチラ

2021年度過去問管理表

オンラインショップにて2021年度受験用/過去問管理表発売中です