速さ(総合)

速さ(ラ・サール中学 2019年)

駅前から公園まで行くのに、駅前でたずねたら「15分ですよ。」と言われたのですぐに歩き始めました。ところが、15分歩いても着かないので、そこにいた人にたずねたら、「それは車で15分のことですよ。ここからまだ12kmあります。」と言われました。そこから再び歩き出して、さらに38分歩いたところに「公園まで車で10分」という案内がありました。このとき、次の問に答えなさい。ただし会話の時間は考えないものとします。

(1) 歩く速さと車の速さの比を求めなさい。
(2) 駅前から公園までは何kmありますか。

ラ・サール中学(2019年)

男子名門校のラ・サール中学より「速さ」の問題です。レッツトライ
過去問解説記事の使い方は以下をご参照ください。

過去問解説記事の使い方中学受験算数教室サンスクでは、中学受験算数入試の過去問題の解説記事を定期的にアップしております。 本ページは過去問解説記事の効果的な使い方を記しております。第一志望校の合格を目指す受験生、得意分野をさらに伸ばしたい受験生、苦手分野を克服したい受験生等々本ページを読み、志望校合格にお役立てください。...

解説

(1) 歩く速さと車の速さの比は

会話形式の問題ですが、通常の問題と変わりありません。1つ1つの文から分かる情報をまとめていきましょう。

まず、15分歩いたときに「えぇぇ15分は車で15分かかるという意味ですよ。公園まではここからまだ12kmありますよ」と何者かに言われています。
上記の情報から、駅前から公園までの距離は「車で15分」かつ「徒歩15分+12km」だということが分かります。読み取れなかった子はもう1度考え直してみましょう。

次に、さらに38分(はじめから53分)歩いたときに公園までは車で10分かかるとあるので、駅前から公園までの距離は「徒歩53分+車で10分」であることが分かります。

算数では同じモノや差を比べてみるという考えを様々な場面で使います。駅前から公園までの距離は「車で15分」かつ「徒歩53分+車で10分」であるので、共通部分である「車で10分の距離」を除いた「車で5分の距離」と「徒歩53分の距離」が同じであることが分かります。

距離が同じとき、速さと時間は逆比になるので、歩く速さと車の速さの比は5:53となります。(比を答える時は解答用紙に答えを書く前に、必ず順番が合っているか確認しよう。)

K
K
今回は頭の中で情報を整理し、解いていきましたが、慣れないうちは状況図を描いて整理するのもオススメです。

A. 5:53

(2) 駅前から公園までの距離は

今回の問題文の中で実際の距離が分かる情報は12kmの1つしかありません。駅前から公園までの「実際の距離」を聞かれているので、必ず12kmの情報を使用します。この視点は必ず持っておくようにしてください。

駅前から公園までの距離は「車で15分」かつ「徒歩15分+12km」である。「歩く速さと車の速さの比は5:53」である。今回はこの2つの情報を組み合わせて利用します。

時間が同じとき、速さと距離の比は同比ですので、車で15分進む距離:徒歩で15分進む距離は53:5になります。すると、差の部分である12kmは比の48となりますので、駅前から公園までの距離は12km÷48×53で13.25kmになります。

A. 13.25km

Kとピヨまるの談話室

ピヨまる
ピヨまる
ふぅ。とんでもない勘違いから生まれた問題ですね。
まったく余計な問題を生み出しやがって。僕が解くはめになったじゃないか。僕ならはじめに徒歩で15分ですかと聞いておくのに。教える人も教える人だよ、あまりに不親切じゃないか。車で15分と言ってくれれば良かった。「車で」と4文字追加するだけなのに、なぜその4文字を言え・・・ブツブツ。
K
K
心の声が漏れてるぞ。
ピヨまる
ピヨまる
あぁ、すみません。聞こえてましたか。暗黒世界に引きずり込まれるところでした。
それにしても残り12kmと聞いても、また歩き出すガッツはすごいですね。
K
K
何かを成し遂げるには根気強く続けるガッツが重要だからね。例えば、算数で問題を解いている時に途中式で変な分数になったとしても、そこで止めたら0点だ。
ピヨまる
ピヨまる
強引に算数につなげようとしていますが、ちょっと強引過ぎないですか
K
K
・・・。
今日は以上

こちらの記事もオススメ☆

・ラサール中学の算数分析/過去問解説はコチラ
・過去問解説記事の一覧はコチラ
・速さ(総合)の過去問解説はコチラ

家庭教師依頼オンラインショップ
全308問徹底添削の算数基礎講座」や「オリジナル算数教材」を販売中です!